当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

PLEASE

夏のお肌ダメージは○○の量で変わります。

寺崎 友希 / Yuki Terasaki

-from      寺﨑友希-

暑い日はべたつくからとナイトクリームの量が冬よりも減っていませんか?

冬もナイトクリームでの保湿はとても大事ですが、夏も重要な役割をしています。

 

実際、私のナイトクリームの量は今の時期~夏の間の方が冬よりも多いのではと思うほどナイトクリームの量には気を付けています。
なぜなら、冬よりも夏の方が外的要因である紫外線の量が増え、紫外線によるお肌のダメージ量が違うからです。
紫外線は細胞損傷や、ハリや弾力を保つコラーゲンなどの繊維まで切ってしまいます。
紫外線ダメージを受けたお肌は、日焼けだけでなく、シワ、たるみ、乾燥とエイジングサインが秋口に出始めてしまいます。
そうなる前に毎日浴びる紫外線や、大気汚染物質、あらゆる外的ダメージを一晩でなかったことにしてくれる救世主がFIERTEのナイトクリームです。
この時期のナイトクリームのおすすめの量は、
ナイトクリームをのせた後のお肌にティッシュがはりつくぐらいの量です。
ナイトクリームでの保護をしっかりした後の翌朝の肌は、細胞が修復されたのを感じるほど、キメのふっくら感、水分の蓄え量(すいつくお肌)、透明感が違ってきます。
夏こそナイトクリームでのスキンケアで、日中のダメージを
リセットしていきましょう。
プリーズ寺崎友希

この記事を書いた人

  • 寺崎 友希 / Yuki Terasaki
  • 寺崎 友希 / Yuki Terasaki有限会社プリーズ 経営管理部 部長

    2005年にPlease本店に入社。2006年よりPlease西新店を店長として立ち上げ、2009年にCPコスメティクス認定トレーナー免許取得。現在はプリーズグループ全店の教育と運営に携わる。開催する研修やイベントは分かりやすく面白いと評判。喋り始めたら止まらないのも評判。

おすすめ記事