当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

PLEASE

ちょっと待った!そのツヤ、もしかしたら○○かもしれません。

寺崎 友希 / Yuki Terasaki

-from寺崎友希-

ツヤなのか、テカリなのか、その違いわかりますか?

 

実はツヤとテカリ、この違いは油分と水分のバランスです。

油分と水分のバランスがよく理想のお肌にはツヤが生まれます。

油分が多いとテカリとなってしまうんです。

 

すぐにわかるツヤとテカリの見分け方

ツヤ⇒お肌を触ったとき、油分が手につかず、しっとり吸い付く状態。

髪の毛がお肌についてもサラサラとまとわりつくことのない状態。

 

テカリ⇒お肌を触った指に油分がついてベタッとしている。

髪の毛がお肌にかかった時にベタッと張り付いてしまう。

 

特に小鼻や鼻の頭、眉間は『テカリ』になりやすいです。

皮脂が過剰になりやすい部分は朝のスキンケアの仕込み方で違ってきますよ。

 

皮脂を抑える、朝のスキンケアの「裏技」

 

① スキンケアの仕上げにハンドプレス

化粧水や美容液、デイクリームの後、ハンドで優しく包み込むように保湿成分を浸透させてください。

お肌が潤うことでファンデーションがピッタと吸い付き崩れにくいメイクに仕上がります。

 

② ファンデーション前のコントロールカラー【化粧下地】での仕込み

 

CPコスメティクスのコントロールカラーには蓮の葉の撥水構造を応用したパウダーが汗をはじき、皮脂を吸着してくれます。

皮脂の出やすい額・小鼻・あご先にはファンデーションの前に仕込んでおくことで崩れにくいお肌に仕上がりますよ。

 

③ 皮脂吸着力のあるファンデーションをTゾーン(額・鼻・あご先)だけでも使う

CPコスメティクスののフュージョンパウダーファンデーションは皮脂チェンジパウダー配合。

このパウダーが皮脂を吸着することで皮脂がジェル状に変化し、テカリやべたつきを抑えてくれます。

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

この記事を書いた人

  • 寺崎 友希 / Yuki Terasaki
  • 寺崎 友希 / Yuki Terasaki有限会社JVM  取締役専務/経営管理部 部長

    2005年にPlease本店に入社。2006年よりPlease西新店を店長として立ち上げ、2009年にCPコスメティクス認定トレーナー免許取得。現在はプリーズグループ全店の教育と運営に携わる。開催する研修やイベントは分かりやすく面白いと評判。喋り始めたら止まらないのも評判。

おすすめ記事