当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

PLEASE

『美肌の条件 う・な・は・だ・け+つ の「う」』

寺崎 友希 / Yuki Terasaki

こんにちは。

プリーズ寺﨑友希です。

 

今回は

 

『美肌の条件①うるおい』についてお話します。

 

うるおいがある肌とは、、、

 

適度な水分を保っている状態の肌のこと。

健康な肌の角質層は10~20%の水分を含んでいますが、

様々な要因により湿度が50%以下になると

肌の水分量も低下してしまいます。

 

水分量が10%以下になると、肌がつっぱる、カサつくなどの

乾燥の自覚症状が現れます。

うるおいのもとは、角層の水分量となりますが、その水分を保持するのが油分です。

水分と油分のバランスを上手にとることが『うるおい肌』に大切です。

 

べたつきが気になるとき、油分が多いいから保湿ケアより角質ケア(クレンジングなど)になっていませんか?

水分が不足していると下図のように潤うためにと、過剰に皮脂が分泌されべたつき肌となってしまいます。

 

乾燥➡べたつき肌とならないように水分と油分のバランスケアで

『うるおい肌』に整えていきましょう♪

 

【簡単にできる水分量チェック】

まず、朝の洗顔後、なにもつけずにそのまま5~10分放置してみて下さい。

 

その後、両手の平で頬をつつみこんだ時、吸い付かずにサラサラしていたら

水分と油分が不足しています。

 

 

【うるおいを育む日頃のスキンケア】

うるおい=水分ということで化粧水をたっぷりに、、、と走ってしまいがちですが、

油分が不足して、『お肌の水分が蒸発している』、『水分を保持する力が低下している』可能性もあるので、

化粧水での水分補給はもちろん重要ですが、朝と夜のクリームも欠かせません。

 

さらに、つけ方によっても仕上がりが変わってきます。

ただ美容液やクリームをのばす、つけるというスキンケアではなく、

化粧水の後、美容液の後、クリームの後は手で優しく包み込むように『ハンドプレス』を。

ハンドプレスでお化粧品を【毛穴一つ一つに入れ込む】ケアや朝、夜用のクリームを2度づけするケアもおススメです。

 

 

ぜひうるおい度を手でチエックして、スキンケア方法もお試し下さい♪

 

次の美肌の条件

【美肌の条件②なめらかさ】についてはこちらから♪

https://please.co.jp/2021/03/31/

 

CPコスメティクスの「うるおいケア」アイテムはこちらから

https://www.cp-cosmetics.com/products/brands/aquafit

この記事を書いた人

  • 寺崎 友希 / Yuki Terasaki
  • 寺崎 友希 / Yuki TerasakiCPコスメティクス代理店プリーズ/有限会社JVM  専務取締役

    2005年にPlease本店に入社。2006年よりPlease西新店を店長として立ち上げ、2009年にCPコスメティクス認定トレーナー免許取得。現在はプリーズグループ全店の教育と運営に携わる。開催する研修やイベントは分かりやすく面白いと評判。喋り始めたら止まらないのも評判。

おすすめ記事